YUMAP_TYO

独自の観点で作り上げていくお食事MAP。原則、2万点の出ているメニューやお店を中心に紹介。あそこで何食べよう?という時、よしなに。

曳舟 かるも もんじゃ (YUMAP-0186)

曳舟 かるも もんじゃ (YUMAP-0186)

親知らずの抜歯に怯えながら過ごす日常、もう飲むしかないですよね?行ってみたいクラシックなもんじゃ屋って多数あるのに、どうしてどうして決まったとこに、いつも。というわけで、京成線の線路沿い、いつもの"かるも"さんでいってみよう。


f:id:rightnow03:20190522114420j:image

□かるも (曳舟)

ウッディな雰囲気に改装してから、割と経ちましたね、もんじゃという暖簾がそそります。綺麗で涼しい店内にインです。


f:id:rightnow03:20190522144223j:image

△ベビースターもんじゃ (げそトッピング)

はい、オーソドックスですね、ベビースターは必ず入れたい派。トッピングにはゲソがマイベスト、ソースやや調整するものの味ちょうど良いんだよなーかるもさん、粘度的にも加減ちょうど良い。


f:id:rightnow03:20190522172903j:image

△かるも焼きそば

もんじゃ軽くつついて、続きましては"かるも"焼きそば。普通の焼きそばとは麺の違う別注スタイル、なんともモチモチでチューハイが進むんです。紅しょうがってやっぱりソース焼きそばにはマスト。


f:id:rightnow03:20190522183158j:image

△ぶた肉天

そしてシメにはお好み焼き、ベーシックな豚天です。ふっくら焼けるかが決め手、上手にできましたね。豪快にガブガブ食べて腹パンです、ソースみてると・・・あからさまにソース的な味が恋しくなる、今夜は何か小麦粉にソースだ!

「多彩なメニューのお店なので、変化球系のもんじゃ・焼きそば・お好み焼きも、楽しめます。」

 

過去の記事 :

もんじゃ 曳舟 かるも(YUMAP-0107)

 

※水曜定休日

もんじゃかるも
〒131-0045 東京都墨田区押上3丁目9 押上3丁目9−1
03-3617-6279
https://goo.gl/maps/PV2Z9jeyVf72

神楽坂 酒ト壽 居酒屋 (YUMAP-0185)

神楽坂 酒ト壽 居酒屋 (YUMAP-0185)

親知らずの出現により、口の奥が激痛、でもお酒飲めばいくらか緩和しますよね?というわけで、新鮮なお刺身で一献といきましょう、神楽坂は酒ト壽さんでいってみよう。


f:id:rightnow03:20190520183207j:image

□酒ト壽 (牛込神楽坂)

もうその昔っからある様な佇まいですが、ここ4.5年のお店、既に雰囲気がビシビシ出まくっちゃっております。夢屋系列で間違い無しな酒と魚系の酒場ですね、古民家ってなんだか落ち着くの台東区出身だからでしょうか。


f:id:rightnow03:20190520183453j:image

△毛ガニコールスロー

サケトコトブキのキラーチューン、毛蟹のコールスロー、のっけから技ありどころか1本すね完全に。毛蟹の旨みバツグンなところにキャベツがガッチリ絡み合う、こんなに贅沢なコールスローみたことない。


f:id:rightnow03:20190521133002j:image

△なめろう

お刺身を待つ間、なめろうで一杯。単なるなめろうに見えるが食った瞬間びっくりな至高のおつまみ、いつものなめろうの何倍もいろんな味が詰まっていて、もうここでお茶漬けやっちゃいたくなるぐらい。


f:id:rightnow03:20190521133147j:image

△刺盛五点

お待ちかねのお刺身、どれも新鮮で東京でこんなのが食べられるなんて劇的に幸せだ、特に下田よりお越しの金目鯛、月並みだがプリプリでお酒ガブガブである。赤身もバツグン。


f:id:rightnow03:20190521152727j:image

△トロたく

そして本日のシメはトロたく。しっとりとした海苔に巻かれたご飯とトロ、その中心にビシッと芯の通った燻りがっこ、頬張った瞬間に口に広がるのは"芳醇"の2文字。最高に幸せなひととき、どのお料理とってもひと工夫のエッヂが効いてて大満足なお店、ほかの系列店も楽しみだ。

「お通しから生の車海老と、その頭の素揚げだったりで、のっけから満足感半端ないスタイル」

 

※日曜定休日

酒ト壽(サケトコトブキ)
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目2
03-3267-3355
https://maps.app.goo.gl/sB1iKYT1kUGFTFXt7

押上 秀吉 居酒屋 (YUMAP-0184)

押上 秀吉 居酒屋 (YUMAP-0184)

何が食いたいかわからない、けれども腹は減っている、ってな状況たまにありますよね?そんな時は毎日でも食べられる"焼鳥"に限ります。というわけで押上よりもスカイツリー駅のが近いか、業平は伊達鶏のやきとり"秀吉"さんでいってみよう。


f:id:rightnow03:20190515150147j:image

□秀吉 (業平橋)

もう30年前後?やってらっしゃるのかな、墨田ローカルの心を鷲掴みにし続ける秀吉さんに意外や意外、初訪でした。口開けから即満席、要予約ですね。なんとかお席作れます、とのことでイン、店員さんのオペレーションもナイスです。


f:id:rightnow03:20190516143813j:image

△穴子白焼

一通り焼き鳥関連をオーダーし、穴子でもつつきながらエンディング間近ですよ、いいお食事だったさいごなんかで〆ようかしらって腹固めコーナーを見ていると、目に止まったのが手打ちのお蕎麦さん。


f:id:rightnow03:20190517103904j:image

△手打ち蕎麦

みずみずしくて、本当にさっぱりしたツルツルの蕎麦に、ショッカライおつゆがベストマッチ、そば湯1滴残さず頂きました。きっと生の鶏とかつくねとか餃子が人気なのかもしれないけど、やっぱりボクはそうじゃない方のメニューで2万点を見つけると嬉しい。

「オープニングに鶏のスープが出るんだが、これがもう既に2万点。」

 

※月曜定休日

秀吉
〒131-0045 東京都墨田区押上2丁目2−1
03-3624-5170
https://maps.app.goo.gl/GsxqMjDo5zKskWiEA